【リノベーションマジック】居心地の良い住まいづくり

インテリア

低料金で建設

一軒家

狭小住宅は低料金で建設することが出来る住宅でもある!コレは確かにありがたいことですし、いちばんお金が飛んでしまう建設費用を削ることが出来るのであれば、相当お得になりますよね。それでももちろん家を建てるのですから安くはないでしょうが、浮いたお金で室内工事を行ない好みのレイアウトに施工することができます。しかし狭小住宅のいちばんの問題でもある中が狭いというのは何も解決になっていない。いくらローコストで作ることが出来るとはいえ、そこに快適性を感じないのであればあまり意味のあるものではない!そう考える人もいるでしょう。たしかに狭いからこそ狭小住宅というのですが、コレに関しても暮らしやすさを確保する方法というのはあります。それは家に活用する材質にこだわることによって間取りが広くなるということなのです。これはどういうことかというと、いえというのは中にはしらを通す必要があります。建築的に力がかかる部分や支えが必要になる部分がありますので、そこに柱を用意するのです。コレはもちろん必要なものですが、柱があるがゆえに狭苦しく感じてしまう場合もあります。しかし壁などの基本的な家の材質をコンクリート製に帰ることによって、柱の数を減らすことができ狭苦しく感じるという問題を解決してくれるのです。ですから土地が狭いとはいえ部屋の中にはそれを感じないというような不思議な感覚の住宅が出来上がるのです。これで快適性も損なわずに済むと思いますよ。